痛風の症状を改善する|バランスの取れた食事で病気予防

婦人

尿酸結晶による関節炎

ご飯

発症原因と食生活の関係

痛風とは、身体の中に溜まった尿酸が結晶となり、突然の激しい関節炎を伴う疾患です。体内にあるプリン体や食事から摂取されるプリン体から作られている尿酸は、通常であれば尿と一緒に排泄されるものの、生産と排泄のバランスが崩れることによって体内に蓄積されます。この蓄積された尿酸が針状の結晶を形成し、痛みを引き起こすのです。痛風の発症原因には、脂質やタンパク質の摂り過ぎ、肉類やアルコールの過剰摂取などが挙げられます。尿酸は排尿時に尿と一緒に排泄されるため、発汗量が増加する過剰な運動やサウナ、尿量減少になる水分不足、利尿剤の服薬やストレスなども発症原因になり得ます。痛風は、食事の摂り方を見直し工夫することで改善可能な病気です。具体的には、食事の際にプリン体を含んでいる食品を控えること、アルコールを避けることが挙げられます。食事を抜く・偏食・早食いや大食い・寝る直前に食事をすることは痛風リスクが高くなるので要注意です。アルカリ・ビタミンCを多く含む食品や、尿酸値を減少させる効果を有する食品の摂取は痛風に良いとされ、こまめな水分補給や生活習慣病を予防する食生活も効果的です。

発症や症状の特徴

どの年代でも発症する可能性があると言われている痛風ですが、30代〜50代の男性が特に発症リスクが高い傾向にあると考えられています。女性よりも男性が圧倒的に多く発症すると言われており、男性の発症割合は9割以上にも及びます。女性の場合は、更年期を過ぎたあたりに発症するケースが多くみられます。痛風を発症すると、腎臓疾患を合併症として併発する可能性も高いので、治療時には合併症を併発させないことに重点が置かれることになります。

毎日の健康管理が大切です

食事をする男性

痛風は発作時の激痛だけでなく、様々な重篤な合併症を引き起こす恐ろしさがあります。痛風の改善には毎日の食事管理が非常に大切です。また、尿酸の生成を減らしたり体外に排泄するのを促進する健康食品やサプリメントを活用することも有効です。

激痛を回避するために

和食

激しい運動やプリン体の多いものによって痛風が起こります。食事はプリン体の少ないものを選ぶようにしてください。水分をたくさん摂取すると尿酸を排出できます。バランスの良い食事をして、規則正しい生活を心がけましょう。

特徴や豆知識の情報

男性

痛風発作というと、足の関節炎をイメージする人は多いでしょう。しかし体の中の余分な尿酸は、腎臓にたまる特徴があるので腎臓にも注意する必要があります。また尿をアルカリ化すると尿酸が排泄しやすくなるため、普段の食事に野菜や海藻、牛乳などを積極的に取り入れる必要があります。